*

おまとめローンで重要視される審査内容3ポイント

現在の借金の総額を理解しているかどうか

他のカードローンに申込をするときもそうですが、他社の借入額を記入するところがあります。

ここでもし実際とは違うことを書いたとしても、金融機関は信用情報にアクセスし、その詳細を確認します。もし事実と大きく違うと、嘘をついている信用できない人、もしくは自分の借金を把握していないだらしがない人として評価します。そうすると審査に落ちる可能性が高くなります。おまとめローンはより借入残高の管理には厳しくなっているので、正しい数字を記入しなくてはなりません。また借入先があまりに多くある場合も、内容によっては多重債務であると判断されてしまいます。

おまとめローンでまとめられる件数は3~4件程度と言われており、いくらでもまとめられるものではありません。
おまとめローンの申込をする前に、他のカードの限度額を上げて小さい枠のカードをまとめるなどして圧縮しておくと良いでしょう。
それだけで金利が下がることもあり、おまとめローンを契約する前からメリットを享受できます。

年収証明が不要でも収入の報告は正確に

借入残高の申告、件数の申告以外にもう1つ重要視されるのが年収です。

当然収入がなければ返済を続けることができません。ローンを契約する銀行次第では収入証明が不要なこともあります。
300万円まで証明書不要としているところもあり、証明書が必要かどうかの判断は銀行次第です。

証明書が必要な場合は素直に提出をすれば良いのですが、不要な場合は自己申告となります。ここで嘘の数字を書いてしまうと、ばれてしまうことがあります。数万円程度の小さな差額であれば特に問題ありませんが、100万円単位のずれは申込者の年齢や就職先の業界の平均収入から見て、疑問を抱かれることがあるためです。また給料明細を送る場合は残業が少ない月や多い月など、タイミングによって収入が違うことがあります。収入が違ってこれば審査にも影響を及ぼしますので、できるだけ年間の所得を証明できる書類を用意したほうが良いでしょう。

おまとめローンは複数の借入先をまとめることで、金利負担を圧縮できる魅力的な金融商品です。上手に利用して計画的な返済をするために活用しましょう。

おまとめローンの審査の傾向と在籍確認の有無

おまとめローンは多重債務に陥っている人にとっては救済方法の一つと考えられますし、実際にこれを金融商品として提供している業者側も、救済を商品の魅力の一つとして打ち出しています。

しかし金利も比較的低金利ですし、貸付金額も大きくなりがちですので、債権者側が抱えるであろうリスクは少なくありません。
ましてや銀行系のおまとめローンであれば、おまとめによって貸金業者の借入を返済すれば、新たに貸金業者の借り入れが総量規制の範囲内で可能になってしまいます。

おまとめしたことによって、その後更に借り入れを増やしてしまう結果になるカモやしれません。

それをカバーできるだけの金利を設定することができないおまとめローンでは、審査は慎重にならざる得ないのです。

ですから申込者の現在の属性や過去のクレジットヒストリーなどを加味し、契約できるか、またどの程度の与信が設定できるかなどの審査は厳しくなりがちです。

おまとめローンの審査の最終段階での在籍確認

おまとめローンは何社にも分散していた回収のリスクを、一社が引き受けるのと同様です。

ですから債権者になる金融業者は、いくら確認しても安心できないものです。
一般的な貸し付けであれば取引状況や信用状況によって、在籍確認を行わないことも多々ありますが、おまとめローンそれは当てはまらないと考えて方が賢明です。

それまでの審査に全く問題がなかったとしても、在籍の確認まで完了し、ようやく融資実行が決定するようになっている業者も少なくありません。

また金融業者によっては、勤め先だけでなく、自宅の在籍確認も重視しているところがあります。もちろんプライバシーは厳守してくれますが、電話代や公共料金、家賃などの延滞がないかといったことまで、審査の中で申込者が証明しなければならないこともあります。

なにかと必要書類などが煩雑になるものですが、それらをクリアした上で、勤め先や自宅への在籍確認は不可欠なものなのです。